きょうの新聞から

毎日読んでるオーストラリア、ブリスベンの新聞、The Courier Mailからおもしろい記事を紹介します。

オリビア・ニュートン・ジョンの娘

今日の一面は、まず、ブリスベンの住宅価格に回復のきざし。

それから、イギリスのクリケット選手、傲慢だからチームメートにも好かれてない、ほらひとりで歩いてるでしょという写真。

 

下の帯は、オリビア・ニュートン・ジョンの娘が語る。コカイン、ウォッカ、摂食障害、鬱。

 

彼女曰く、母を恨みはしない。有名な親をもつということがいかに大変であったかということを話したい、とタバコを神経質そうに吸いながら話したそうで。

 

リハブと呼ばれる薬物中毒者やアルコール依存症の人のための更生施設から出てきたばかりのようです。でも、まだまだ無理じゃないのと思ってしまいました。タバコのところで。

 

お母さんは正義の味方みたいなイメージですが、子育てはしくじったようです。

 

あるものはないものの真似ができん、とうちの祖父だったかよく言ってましたが、有名でもなく、お金も必要以上にはなくて、私、ラッキーでした。

 

住宅価格の記事ですが、ブリスベンの家の価格、26年前に比べて本当に上がりました。今は日本のほうが安い家が見つかります。

 

今日の記事は、シドニー、メルボルンの住宅価格がさらに上がって投資家がクイーンズランド州に流れてくるから、ここのところ続いていた価格停滞が終わるだろうというものです。

 

私は、いつバブルが起こるのかなあとずうっと待っているのですが、起こりません。

 

f:id:glad4680:20131118061022j:plain