きょうの新聞から

毎日読んでるオーストラリア、ブリスベンの新聞、The Courier Mailからおもしろい記事を紹介します。

悪魔の巣窟の中で

Inside Devil's Lair 悪魔の巣窟の中で

 

Nine houses, 19 predators and a non-stop battle to keep Queensland safe

家9軒、危険な捕食者19人、クイーンズランドの安全を守るための果てしなき戦い

 

先頃、しつこく性犯罪を重ねてきたヒトが出所しました。出たらまたやるという反対があったにもかかわらず、判事が許可したようです。

 

その彼を州政府が住まわせたのがこの写真の家です。

 

ここは刑務所の隣に政府が建てた9軒のひとつで、彼を含めて3人の住人がいますが、いずれも凶悪な犯罪を重ねてきた性犯罪者です。

 

同じ犯罪を重ねることが明らかなヒトを、死ぬまで刑務所に入れておこうという検察側の努力はなかなか成功せず、この犯罪者も出所してしまったわけです。

 

こういうHalfway houseと呼ばれる更生施設にいる犯罪者には、凶悪さの程度に応じて、GPS追跡ができる腕輪だとか、職員と一緒でないと買い物に行ってはいかんとか、いろいろ犯罪防止のために制限をつけるわけです。

 

刑務所より安くつくから、こうやって住まわせるのでしょうが、再犯防止というのは非常に難しい。

 

願わくばこういうヒトたちとお近づきになる機会がありませんようにと祈るだけです。

 

f:id:glad4680:20131214143141j:plain