きょうの新聞から

毎日読んでるオーストラリア、ブリスベンの新聞、The Courier Mailからおもしろい記事を紹介します。

残業をしたいから飛行機に細工した整備員

これは地元ブリスベンのThe Courier Mailに出ていた、アメリカの話。

                    f:id:glad4680:20200306201430p:plain

 

ブラック企業サービス残業がふつうの日本では起こらない話ですが、

アメリカだとちゃんと残業代が払われるのでしょう。

 

見出しは 'Jet sabotaged in bid for overtime'

 

sabotage というのはもともとはフランス語だそうで、

サボタージュという「サボる」の元になった言葉。

英語だとサボタージと読むようです。

 

英語の辞書で調べると、「怠ける」ではなく、「妨害する」とか「邪魔する」と出ています。

 

ジェット機の状態をわざと悪くした、という感じでしょうか。

 

整備の際に、発泡スチロールを機首の内部のどこかにひっつけておいたそうです。

 

パイロットが計器の異常に気づいたから、離陸せず、

整備員の意図通り、修理が必要になって残業できたとのこと。

 

もし気づかなかったら、墜落事故の可能性もあったそうですが、まあ、整備員としてはきっと気づいて事故にはならないと確信していた、と思いたいところです。

 

見出しを訳すとしたら、「残業代目当てに飛行機に細工」でしょうか。

 

この整備員はイラク出身でアメリカに帰化した人だったので、当局はテロとの関係を疑ったようですが、

 

ただ単にお金が必要だったから、と判明したそうです。

 

子どもたちの大学の学費その他が必要だったとか。

身につまされます。

 

60歳だそうで、そういう年頃ですね。

 

うちは、オーストラリアの大学の学費出世払い制度のおかげで、

5人の子どもの学費を工面する必要はありませんでした。

 

ただし、親が学費捻出に苦労しなかったからか、

5人のうち、卒業したのは3人だけです。

 

この整備員はその道30年のベテランだったようですが、

3年刑務所に入ることになりました。

 

細工をしている様子は、監視カメラに写っていたそうです。カメラに撮られているのに気づかなかったんですね。

 

 

またまたトイレットペーパー

 

さて、今日もトイレットペーパーを探しにスーパーに行きました。お昼頃行ったときは、2つ行きましたが、まだ空っぽ。

 

1つには従業員のおばさんが近くにいたので、話したら、

「朝、届いたけど、2分で消えた。次は来るのか来ないのか、いつ来るのか、わからない」とすまながってくれました。

 

おばさんの責任ではないので、かえって恐縮しましたが、

オーストラリアの人でも、こういう感じの対応をしてくれるんだなあと、ちょっと意外でした。

 

でも、4時前に、別のスーパーに用事のついでに行ったら、ありました!

 

棚は相変わらず空っぽですが、そこに、数種類、おいてありました。

もちろんいつものお得な種類ではありませんでしたが、

1つゲット。

 

そこのスーパーは、今回の品不足で、トイレットペーパーはおひとり様4つだけにしてと言ってますが、

今、高い種類を4つ買わなくてもと、1つだけ買いました。

                       f:id:glad4680:20200306201624p:plain

 

良心的に買い控えたのではなく、要するに、日頃の節約精神による行動です。(笑)

 

これで当分、うちの家に限れば、トイレットペーパーの心配はなくなりました。

 

トイレットペーパーの大手製造業者は24時間操業で対処しているという話ですから、

そのうち笑い話になる?

 

そして、家によっては、トイレットペーパーの在庫の山の間で生活する?

 

海外に発送した人もいるでしょうね。