きょうの新聞から

毎日読んでるオーストラリア、ブリスベンの新聞、The Courier Mailからおもしろい記事を紹介します。

国歌の歌詞を一部分変えるって。

新しい年、2021年。2020ってすっきりした数字だったので、最後の桁を1に変えるの、ちょっといやですが(笑)、まあ、そのうち慣れますよね。

 

さっき新聞を拾いに行って、

(うち、敷地が広いわけではないのですが、Rear block なので、つまり、隣の家の後ろにあって、道に面していないんです。道に出る車1台分の小道が隣の家の横にある)

 

いつもの金曜日より小さい、今朝の新聞を発見。タブロイド版ですがそれがもうひとつ折りたたまれてビニールでパックされてます。

 

週末の土、日はページ数が多いので、普通の新聞サイズ。確か金曜日も大きいサイズだったはず。

 

でも、きょうのは薄い月曜日サイズ。大晦日だから仕事減らしたのねと、考える私。

f:id:glad4680:20210101062016j:plain

国歌の歌詞を変えるって

 

 

ああ、日本だと元旦の新聞は3部ぐらいに分かれてて、ずっしり重い、と、今は行けない日本を思い出す……

 

One Anthem for All of Us

さて、本日の大きな見出しは、One Anthem for All of Us(国民全員のための国歌ってところでしょうか) で、横の写真は、首相のスコット・モリソンです。

 

で、その下の記事によれば、首相が、今日、国歌の一部分を変えますという発表をするそうです。

 

we are young and free という部分を we are one and free に変える。

つまり、young ⇒ one ですね。

 

なぜわざわざ?と思われたでしょうが、ここはこの間から、文句が出ていた部分です。

 

「young というのは、60000年以上にさかのぼる先住民の歴史を否定している!」という抗議の声を受け入れたんですね。

 

この歌は1878年に作られたもので、1901年にオーストラリア連邦という国ができるより前です。

 

だから、この young は国が若いっていう意味じゃなく、ただ、僕たち若いの頑張ろうって意味だったかもしれませんけどね。

 

作者のピーター・マコーミックは1834年生まれなので、そのとき44歳ぐらいです。若い!って言いたい年頃?

 

総督というもの

首相が「変えるよ」って言って、議会にもなんにもはからないで変えていいのかってちょっと疑問ですが、まあいいか。

 

実はオーストラリアは、形式上は、いまだに独立国ではなく、イギリスの属国?で、イギリスの元首に任命された「総督」という人がいます。

つまりこの人が、イギリスの王様か女王様がオーストラリアに滞在されていないときは、オーストラリアでいちばん偉い人です。

 

この辺は、日本の天皇と同じようなもので、形式的な名誉職なんですが、この総督 (Governor-Genaral)が、そのうち、今回の歌詞の改変を宣言するそうです。

 

Advance Australia Fair という国歌自体も、1984年にボブ・ホーク首相が頼んで、時の総督が、国歌だよと宣言したらしいです。

 

じゃあ、その前は国歌がなかったの?となりますが、その前は、イギリスの国歌 God Save the Queen が国歌だったんです。

 

名誉職のはずの総督ですが、1975年には首相を辞めさせて、新しい首相を任命しています。もちろん、これは、新しい首相と内密の相談の上なんでしょうけど。

 

いっとき、独立国(republic)になろうと言い出す人たちがいましたが、今は静かです。

(それは「大統領」という言葉のイメージが悪いから?というのは私のまったく憶測です。)

 

人類の歴史はめちゃ長い!

この新聞の記事を読んで、60000年?! またヨイショしてんじゃないの、と思ってしまいました。

 

だって、私たちが一生懸命覚えた世界の歴史だって、せいぜい2000年かそこら、もうちょっと長いかもしれませんが。

 

私たちが使っている西暦の始まりは、一応、イエス・キリストが生まれたときですが、今、2021年ですもんね。

 

しかし、Googleさまにお聞きしたら、65000年前に、オーストラリア大陸に今の先住民の祖先が到達していたことを示す根拠があるようです。

 

今のような国家体制ができたのは、オーストラリアの場合、200年ちょっと前なんですが、単語をひとつ変えるだけで、みんなが一応、ハッピーになれるなら、ラッキーですか。

 

人類の歴史って、文字で記録され始めたあたりからしか、ふだんは意識しませんが、実はすごーく長かったようで、はじめは何万年も同じような生活だったのに、そのあとは変化がどんどん加速されている?

 

たとえば、コンピューターが一般に普及し始めてからまだ30年たつかたたないかなのに、もう人類のコンピューターへの依存度は半端じゃないです。

 

ただ、われわれが生き物である部分だけは、まだおそらく6万年前と同じで、去年はコロナに振り回されました。今年はどうなんでしょう?